特別養護老人ホームに早期入所する方法

特別養護老人ホームとは

【入所担当が教えます!】特養への早期入所を実現する方法

誤解しないでください!
特養への入所は、申し込みをした順番ではありません。

>>いますぐ特養を探すのなら【探しっくす】

特別養護老人ホームとは

 

【基礎知識】

 

特別養護老人ホーム(特養)は、老人福祉法上の名称です。介護保険法上の名称は、介護老人福祉施設となります。

 

常時介護が必要で、在宅の介護が困難な比較的重度(要介護度3以上)の要介護者が生活するところです。

 

特徴は、介護保険が使えて費用が安いこと。月額費用の目安も5万〜15万円。また、民間の有料老人ホームと違い、入居一時金がいりません。

 

ただし、ユニット型個室が増えており、相部屋(9万円)、ユニット型個室(14万)と、月額費用差が5万円もの開きがあります。

 

介護・看護職員の配置は、3:1。要介護者3名に対して常勤職員が1名という意味になります。

 

 

 

【メリット】

 

・費用が安い
・一度入居すれば、終のすみかになる
・看取りまでできる施設もある
・個室(ユニット型個室)が増えたので暮らしやすい

 

 

 

【デメリット】

 

・費用が安いため入居希望者が多く、なかなか入所できない
・重介護でないと入居が困難
・ユニット型個室は月額費用が5万円ほど高い
・3か月入院していると退去させられることもある

 

 

 

【所得の低い人には軽減措置あり。負担限度額認定証】

 

居住費や食費は全額自己負担。けれど所得の低いひとにかぎり、軽減が受けられます。申請して、負担限度額認定証を発行してもらいましょう。

 

 

 

【入所者のきまり方】

 

入所者の決定は、申し込み順ではありません。

 

施設側は、施設サービスを受ける必要性が高いと認められる入所申込者を優先的に入所させるよう努めなければなりません。

 

 

 

【措置入所】

 

家族による虐待などから本人を守るためなど、やむをえない事情があれば入所できます。

 

 

 

【特例入所】

 

本来なら、要介護度3以上でなければ入所できません。しかし、介護度が2で認知症のうえ、介護する家族がいなければ入所できることがあります。

 

>>>特養と介護付有料老人ホームの違い


【ケアマネジャーが教えます!】特別養護老人ホーム入所の真実

待機者は全国で52万人!
あなたは、たとえ10年待っても特養に入れないかもしれません。

>>特別養護老人ホームの早期入所を実現する方法はコチラ

ホーム RSS購読 サイトマップ