特別養護老人ホームに早期入所する方法

老健は第二の特養

【入所担当が教えます!】特養への早期入所を実現する方法

誤解しないでください!
特養への入所は、申し込みをした順番ではありません。

>>いますぐ特養を探すのなら【探しっくす】

老健(介護老人保健施設)は第二の特養

 

【老健とは】

 

介護老人保健施設。略して老健と呼ばれています。

 

年をとれば病気をしがち。病気やケガで入院。治療が終わって退院したけれど、自宅に戻っても元の生活をすることが難しい場合があります。

 

そこで自宅に復帰するためのリハビリ(リハビリテーション・体が社会復帰に適した状態に戻ること)や生活相談などを中心とした施設が老健です。

 

いわば病院と自宅をつなぐ中間で「中間施設」とも呼ばれています。

 

老健は、介護保険法に基づいた介護施設のひとつ。おおくは医療法人が設置と運営をしており、病院内や診療所内に併設されています。

 

医師と看護師が常駐するため、医療面の支援が充実しています。薬剤師をはじめ、リハビリ技師の理学療法士(PT)、作業療法士(OT)も配置されています。

 

原則的に、入所期間は3か月から6か月。在宅復帰をめざす施設のため、特養のように終の棲家にはなりません。

 

 

 

【老健は第二の特養】

 

リハビリに励み、自宅復帰をめざすための老健ですが、じっさいは特別養護老人ホームの待機者が少なくありません。そのため「第二の特養」ともいわれています。

 

 

 

【老健の費用】

 

医師や看護師、リハビリ技師、薬剤師が常駐しているため、特養より高めになります。介護保険施設なため、入居一時金はかかりません。

 

一割分負担の施設サービス費、部屋代の居住費、高熱水費、食費、生活費などかかります。部屋代は、相部屋が月額6万から10万円、個室が月額16万程度です。

 

 

 

【老健で特養の待機】

 

自宅に戻っても家族が介護できない高齢者。特養に入所するべく申し込んでも、なかなか入所できません。そこで入所しやすい老健で待機するのです。

 

老健は、3か月ごとに退去または入所継続の判定をします。その判定で退去となっても、介護できない家族は別の老健を探してきます。老健から、また別の老健に移り住み、特養の空きを待つ人もいるのが現実です。

 

一部の施設では、長期入所が一般化しています。まるで特養の代替施設です。

 

>>>介護付き有料老人ホーム


【ケアマネジャーが教えます!】特別養護老人ホーム入所の真実

待機者は全国で52万人!
あなたは、たとえ10年待っても特養に入れないかもしれません。

>>特別養護老人ホームの早期入所を実現する方法はコチラ

ホーム RSS購読 サイトマップ