特別養護老人ホームに早期入所する方法

介護付き有料老人ホーム

【入所担当が教えます!】特養への早期入所を実現する方法

誤解しないでください!
特養への入所は、申し込みをした順番ではありません。

>>いますぐ特養を探すのなら【探しっくす】

有料老人ホーム【介護付き・住宅型】

 

【有料老人ホーム】

 

このサイトを見るかたは、特養に入ることを考えている方がほとんどだと思います。

 

特養と老健以外で介護サービスが提供されるところは、民間の介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅(以下、サ高住)になります。

 

特養や老健の空きがでるまで待っていられない。そんなとき、費用はかかりますが即入居できる民間の有料老人ホームやサ高住の利用も考えましょう。

 

有料老人ホーム(介護付、住宅型)の特徴を挙げます。

 

 

 

【介護付き有料老人ホーム】

 

最大の特徴は、要介護度が重度化しても安心して生活できること。

 

老人福祉法に基づく、入居者保護を目的とした制度です。そのため行政による届け出、定期的な指導監督が行われます。

 

都道府県から「特定施設」の指定をうけ、介護が必要になればホームのスタッフが介護をしてくれます。

 

特定施設とは、人員や設備、運営などの指定基準を満たした施設で、都道府県に申請して指定されれば、介護保険を利用した介護サービスが提供できます。じつは、特定施設の指定を受けていないとホームの名称に「介護付き」「ケア付き」と名乗ることはできません。

 

・費用

 

ホームの終身利用権を得るための保証金の位置づけの「入居一時金」を入居時に支払います。この入居一時金は、一定の年数で償却されます。

 

入居一時金の償却期間や償却率は独自にホームが決めるため、入居して一年で本人が死んだり、退去しても返還されない場合があります。かならず契約時に償却年数、償却率を確認します。

 

入居一時金はゼロ円のかわりに、毎月支払う月額費用(家賃・管理費・食費・介護費など)を高めに設定しているホームもあります。月額費用の目安は、15万円から数十万円。

 

入居後、要介護度が高くなっても安心して生活できるのは、特定施設の介護付きです。

 

特定施設以外では、要介護度3を超えると自己負担分が重くなり、生活費を圧迫します。

 

 

 

【住宅型有料老人ホーム】

 

住宅型は、介護付きよりも軽度の要介護者・要支援者、自立した生活ができる高齢者のためのホームです。

 

特定施設の指定を受けていないため、重度の要介護状態になると介護サービスの自己負担分が多くなり、医療も重度となるとホームからの退去を求められることがあります。

 

現在、新規に供給される有料老人ホームは、住宅型が介護付きの5〜6倍になっています。

 

住宅型の利用は、健康状態のよい人が生活を楽しむための場と考えておくべきです。

 

>>>サービス付き高齢者向け住宅


【ケアマネジャーが教えます!】特別養護老人ホーム入所の真実

待機者は全国で52万人!
あなたは、たとえ10年待っても特養に入れないかもしれません。

>>特別養護老人ホームの早期入所を実現する方法はコチラ

ホーム RSS購読 サイトマップ