特別養護老人ホームに早期入所する方法

サービス付き高齢者向け住宅

【入所担当が教えます!】特養への早期入所を実現する方法

誤解しないでください!
特養への入所は、申し込みをした順番ではありません。

>>いますぐ特養を探すのなら【探しっくす】

サービス付き高齢者向け住宅

 

【サービス付き高齢者向け住宅とは】

 

国土交通省の「高齢者住まい法」によって誕生したのが、サービス付き高齢者向け住宅(以下、サ高住)です。なお、サ高住を建設するには都道府県の認可が必要です。

 

特徴は、賃貸借契約であること。

 

一般のアパートや住宅を借りるのと同じです。60歳以上が対象のバリアフリー住宅で、日中は職員が安否確認と生活相談を提供します。

 

60歳以上の高齢者で、自立または軽度の要介護状態の入居者を対象にしています。

 

有料老人ホームが、ホームの利用権を購入する契約なのに対して、サ高住は賃貸借契約となります。有料老人ホームは入居する時に一時金が必要ですが、サ高住は敷金・礼金のみ。退去時も契約を解除するのみなので、入居一時金の返還問題などのトラブルも無用です。

 

ただし、要介護3では限度額まで介護保険を使うと、自己負担が2万ちかくになります。さらに医療費がかかれば、生活できなくなる恐れもあります。

 

現状では、サ高住を終のすみかにするのは難しいでしょう。

 

・費用

 

敷金0円〜数百万円。月額費用の目安も15万〜40万円。

 

 

 

【サ高住のメリット】

 

・安否確認、生活相談サービスがある
・建物や室内がバリアフリー構造で暮らしやすい
・サービスを必要なものだけ選べる
・個室なのでプライバシーが守られる
・介護サービス事業所がテナントとして入居しているところも多い
・敷金程度で入居できることが多い
・賃貸住宅なので、入りやすい、出やすい
・利用権ではなく賃貸借契約なので、入居者の権利が守られている
・有料老人ホームより自由度が高い

 

 

 

【サ高住のデメリット】

 

・介護サービスは外付けなので、別に契約が必要
・軽度の要介護者を対象にしているため、手厚い介護は受けられません
・認知症への対応が基本的にない
・重介護になると、住み替えも考えなければならない
・医療系専門員の常駐は少ない

 

 

 

【全国の有料老人ホーム・サ高住の検索・比較サイト 一覧】

 

老人ホームや有料老人ホーム、高齢者向け賃貸住宅、特別養護老人ホーム(特養)など、全国32,000件以上の高齢者向け施設・住宅の情報を紹介している介護施設検索ポータルサイトです。

 

HOMES介護

 

無料の検索・比較サイトで、お近くの有料老人ホーム・サ高住が探せます。パンフレット(資料)の請求も無料です。

 

タウンライフ介護

 

全国2万件の老人ホームの中から、無料で見学の予約などができます。

 

介護DB

 

全国30万件の介護事業所から探せます。資料も無料で一括請求できます。

 

探しっくす

 

無料で、有料老人ホーム・サ高住の検索と一括資料請求ができる情報サイト。

 

ケアプロデュース

 

業界歴10年以上の信頼。無料の老人ホーム・介護施設紹介センター。

 

 

 

【民間の紹介センター】

 

タウンライフ介護(無料紹介センター)

 

メールまたは電話で無料相談。プロの専門相談員がサポートします。

 

ベネッセシニアサポート

 

介護を知る相談員による、すべての相談が無料。店舗でも相談が可能です。

 

 

 

【介護にまつわる無料相談窓口】

 

介護の相談 無料お問い合わせサイト

 

>>>部屋やベッドに空きがあるのに入れないのはナゼ?


【ケアマネジャーが教えます!】特別養護老人ホーム入所の真実

待機者は全国で52万人!
あなたは、たとえ10年待っても特養に入れないかもしれません。

>>特別養護老人ホームの早期入所を実現する方法はコチラ

ホーム RSS購読 サイトマップ