特別養護老人ホームに早期入所する方法

介護サービス情報公表システム

【入所担当が教えます!】特養への早期入所を実現する方法

誤解しないでください!
特養への入所は、申し込みをした順番ではありません。

>>特別養護老人ホームの早期入所を実現する方法はコチラ

介護サービス情報公表システムで「特養」の情報を集める

 

【介護サービス情報公表システム】

 

介護サービス情報公表システムとは、平成18年からスタートした制度で、利用者が介護サービスや事業所・施設を比較・検討して適切に選ぶための情報を提供するしくみです。

 

厚生労働省が管理している公的なウェブサイトです。

 

あなたがお住まいの地域の特別養護老人ホームの住所や地図、ユニット型か相部屋か、職員の人数、待機者数、職員の離職率などがわかります。

 

 

 

【介護サービス情報公表システムの使い方】

 

「介護サービス情報公表システム」にて、検索エンジンで検索します。

 

つぎに表示された日本地図で、あなたのお住まいの地域をクリックします。直接「○○県 介護サービス情報公表システム」と検索しても表示されます。

 

すると「介護事業所検索」がでてくるのでクリックします。ここでは「住まい(住所)」で探します。

 

郵便番号を入力する画面が表示されるので、ハイフン(-)を入れずに打ち込み、住所自動入力を押します。4240943と入力すれば、静岡県静岡市清水区港町まで表示されます。

 

「事業所までの距離」を選びます。できれば5キロ、10キロ以内がいいでしょう。

 

「オレンジ色のサービスを選んで検索する」をクリックします。ここでは「施設などで生活」の「介護老人福祉施設(特別養護老人ホームのこと)」を選び、検索を押します。

 

ようやく、特養(介護老人福祉施設)が表示されました。試しに一番上に表示された施設の「詳細情報」を見てみましょう。

 

所在地・連絡先
地図
運営状況
事業所概要
サービス内容
設備の状況(居室のタイプ)
利用料
従業員情報(退職者数)
利用者情報(待機者数)
その他

 

がわかります。

 

 

 

【重点的に見るべきところ】

 

・距離

 

自宅や親戚から近い施設が理想。距離が遠ければ遠いほど、面会に来るほうも大変です。

 

・職員の人数と勤続年数

 

他の施設と比較して、勤続年数の短い職員が多い施設には問題が隠れている可能性あり。

 

・職員の離職率

 

他の施設と比べて、あまりにも離職率の高い施設は注意が必要です。

 

・待機数

 

複数に申し込みしている人が多いので、数字をうのみにしてはいけません。

 

・実施するサービス

 

訪問介護、通所介護、短期入所生活介護など、どのような介護サービスをしてくれるかチェックします。

 

 

 

>>>特養を見学する本当の目的とは


【ケアマネジャーが教えます!】特別養護老人ホーム入所の真実

待機者は全国で52万人!
あなたは、たとえ10年待っても特養に入れないかもしれません。

>>特別養護老人ホームの早期入所を実現する方法はコチラ

ホーム RSS購読 サイトマップ