特養の職員について

特養の職員について

【入所担当が教えます!】特養への早期入所を実現する方法

誤解しないでください!
特養への入所は、申し込みをした順番ではありません。

>>特別養護老人ホームの早期入所を実現する方法はコチラ

特養の職員について

 

特養にはさまざまな人が働いています。入居者の定員数に応じ、指定基準によって配置すべき職種や人数が決められています。

 

・施設長
・医師
・生活相談員
・看護職員
・介護職員
・栄養士
・機能訓練指導員(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)

 

などです。

 

 

 

【施設長】

 

特養の最高責任者であり、リーダーが施設長です。施設の経営・運営や労務管理全般、方向性を決めます。

 

利用者が安心して快適に暮らせるよう配慮するとともに、従業員が安心して働けるよう職場環境を整えます。その他、行政や地域など外部との関係づくりにも注力します。

 

施設長になるためには、いずれかに該当しなければいけません。該当していれば、必ずしも福祉の専門職でなくてもかまいません。

 

・社会福祉主事の要件を満たしている
・社会福祉事業に2年以上、従事している
・社会福祉施設長資格認定講習会を受講している

 

【医師】

 

入所者の健康管理や指導を行うために配置します。定期健診や予防接種などはしますが、高度な医療は受けることができません。もし高度な医療を受けたければ、外部の病院を受診しなければいけません。

 

医師は常勤でなくとも非常勤でもよいことになっています(非常勤の場合、週に1回から2回程度の勤務で可能)。

 

【生活相談員】

 

利用者と家族の施設への入所・退所・生活の相談を受けてくれます。苦情の窓口にもなります。生活相談員は法律によって、100人にたいして1人以上を配置しなければなりません。

 

特養の場合、資格要件があります。たいてい社会福祉主事任用資格や社会福祉士の資格をもつ人、都道府県によっては介護福祉士や介護支援専門員が従事しています。

 

【介護支援専門員】

 

施設ケアマネジャー。ケアプランの原案を作成します。特養では介護支援専門員の資格をもつ人を1人配置することになっています。

 

介護主任や生活相談員、看護師などが兼務している施設もあります。

 

【看護職員】

 

看護師。医師の指導のもと、医療行為をします。血圧を測定したり、注射、点滴をします。施設の規模によって、看護職員を配置する人数は異なります。

 

【介護職員】

 

入所者の介護をします。食事、入浴、排泄、着替えなど介助をしたり、レクリエーションや話の相手をします。

 

こちらも法律によって配置する人数が決められています。看護職員を含む介護職員は、利用者3人に対して常勤で1人以上配置することになっています。

 

一定の専門性が必要な業務があるため、介護福祉士の国家資格を求める施設も増えています。

 

【栄養士】

 

栄養士とは、栄養の分野を取扱うスペシャリスト。 利用者の朝・昼・夕食・おやつなどを調理しと連携して提供します。

 

栄養士法で「栄養士免許を取得し、栄養士の名称を用いて、栄養の指導に従事する人」のこと。

 

【機能訓練指導員】

 

1人以上、配置しなければなりません。

 

>>理学療法士

 

理学療法士は、怪我などで身体に障害のある人や、障害の発生が予測される人に対して、座る、立つ、歩くといった基本動作能力の回復や維持、障害の悪化の予防を目的に運動療法や物理療法を用いて、自立した日常生活が送れるよう支援するリハビリの専門職です。

 

>>作業療法士

 

作業療法士は、入浴や食事といった日常生活の動作やレクリエーションまであらゆる作業活動を通して、身体と心のリハビリを行います。

 

>>言語聴覚士

 

言語聴覚士は、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行います。

 

【その他の職員】

 

特養では事務員、調理員の配置が定められています。ほかにも施設内の清掃や洗濯に携わっている人もいます。

 

 

 

>>特養と介護付き有料老人ホームの違いとは


【ケアマネジャーが教えます!】特別養護老人ホーム入所の真実

待機者は全国で52万人!
あなたは、たとえ10年待っても特養に入れないかもしれません。

>>特別養護老人ホームの早期入所を実現する方法はコチラ

ホーム RSS購読 サイトマップ