特別養護老人ホームに早期入所する方法

特養を見学する目的

【入所担当が教えます!】特養への早期入所を実現する方法

誤解しないでください!
特養への入所は、申し込みをした順番ではありません。

>>いますぐ特養を探すのなら【探しっくす】

特養を見学する目的

 

【見学に行こう】

 

地方自治体や社会福祉法人が運営している特別養護老人ホーム。

 

公的な施設といっても、高級有料老人ホームのような新しく豪華なところもあれば、暗くて古臭い、お世辞にもキレイとは言えないところもあります。

 

かかる費用が同じならば、誰でも豪華でキレイな施設に入りたい気持ちはわかります。

 

けれど、老人ホームで本当に必要なことの8割は「介護する人」であり「提供される介護の質」です。施設の重要性は2割と考えましょう。

 

どんなに施設がキレイで豪華でも、職員の態度が悪い、廊下にゴミが落ちている、玄関にはいったらアンモニア臭や加齢臭がしてクサイ・・・。

 

ある県の特養では、複数の職員が入所している高齢者を虐待していたうえ、多額の使途不明金が発生しました。

 

あなたは自分や、自分の愛する家族がそんな最悪なところに入所できて、本当に幸せですか。

 

 

 

【見学する本当の目的】

 

一般の有料老人ホームとちがい、特養は「ここに絶対はいりたい」と選んでも簡単に入れません。

 

だから、逆に「ここだけは絶対に入りたくない」「ここに親は入れたくない」という施設を見学して選びましょう。そして、そこだけ外して申し込みします。

 

もしも「ここにどうしても行きたい」「ここになら親を行かせたい」という施設を見つけてしまったら、どうすればいいでしょう。

 

とにかく、入所を申し込む。その特養のデイサービスから在宅サービスまで、徹底して使いましょう。ケアマネジャーや職員と仲良くなりましょう。

 

その理由は「特養の居宅介護サービスを利用する」で詳しくお教えします。

 

 

 

【見学に行くまえの事前準備と情報収集】

 

あなたの地域の特別養護老人ホームを、介護サービス情報公表システムかいごDB(介護DB)探しっくすといった、施設の無料一括検索サービスで探します。

 

そして、施設ごとに情報を集めます。ホームページがあれば、見学までに一度は見ておきましょう。

 

もっと職員や介護の詳細が知りたければ、職員のブログをみてもいいでしょう。

 

○○園(施設名) ブログ、特養 ○○ ブログで、グーグル検索すればみつかります。どんなレクリエーションをしたかなど、写真で様子が伝わってきます(すべての特養が、ブログを更新しているわけではありません)

 

また、気になること、質問したいことを書き出しておきましょう。

 

 

 

【見学の申し込みをする】

 

見学の手続きは簡単です。見学したい施設をみつけたら、電話で見学したい旨を伝えます。あとは指定された時間に行きましょう。

 

繰り返しますが、見るべきところは施設の豪華さや広さでなく、入所者が幸せそうか、笑顔か、職員が活き活きと働いているか、臭いがするか、ゴミが落ちていないか、です。

 

なお可能ならば、入所者の様子や介護している姿がわかる昼食や夕食時の見学がお勧めです。

 

>>>入所検討委員会とは


【ケアマネジャーが教えます!】特別養護老人ホーム入所の真実

待機者は全国で52万人!
あなたは、たとえ10年待っても特養に入れないかもしれません。

>>特別養護老人ホームの早期入所を実現する方法はコチラ

ホーム RSS購読 サイトマップ