特別養護老人ホームに早期入所する方法

ケアマネジャーを選ぶ

【入所担当が教えます!】特養への早期入所を実現する方法

誤解しないでください!
特養への入所は、申し込みをした順番ではありません。

>>特別養護老人ホームの早期入所を実現する方法はコチラ

ケアマネジャーを選ぶ、変更する

 

【ケアマネジャーを選ぶ・変える】

 

ケアマネジャー(ケアマネ)の仕事は、介護を必要とする方に最適なケアプランを立て、サービスの調整を行い、きちんとサービスが実行されているかを調べ、じっさいに効果が出ているかもチェックすることです。

 

「芸能人のマネージャー」みたいなもので、有能であればいいけれど、無能だった場合に困るのは、どちらも同じです。

 

ケアマネジャーは選べます。そして変更できます。ケアマネ本人に伝えるのは心苦しいでしょうから、ケアマネが所属している事業所に伝えます。もしも事業所にケアマネが一人しかいなければ、事業所を変更しましょう。

 

 

 

【選びたいケアマネ】

 

さて、どこのケアマネを選ぶのがベストでしょう。そうです、あなたが入所したい特養のケアマネです。

 

特別養護老人ホームは、特養以外にもショートステイ、デイサービス、訪問介護、訪問入浴、配色サービスなどの介護サービスをおこなっています。

 

特養にとって、デイサービスを何度も使ってくれる利用者は、ありがたいお客様みたいもの。

 

在宅サービスやデイサービス等を利用し、要介護者のケアプランをケアマネジャーに請け負ってもらいましょう。

 

 

 

【入所検討委員会にもケアマネの力が働く】

 

特養への入所者を選ぶ入所検討委員会(入所判定委員会)。そのメンバーの中にはケアマネも含まれます。

 

要介護度や介護困難度から出された点数が、同じひとが何人かいるとします。ケアマネは、自分の担当でよく知っている、自分の特養のデイサービスや訪問介護などの介護サービスを利用している人を推薦します。

 

お店でいえば、いつもよく買ってくれているひとを常連と呼び、サービスしたり、大切にするのと同じです。

 

 

 

【お互いをよく知っているから施設側も安心】

 

限られた職員で、高齢者のお世話をしなければならない介護現場。そこには大小の事故がつきもの。誰も怪我をさせようと思って、怪我をさせているわけではありません。

 

ある特養では、夜間1人の職員が30人の入所者をみています。人手も足りておらず、大変な状態でも一生懸命頑張っています。それでも事故は起きてしまうのです。

 

その点、ふだんからデイサービスや訪問介護などで本人の情報はわかっていますし、家族とも細かい連絡がとれています。長いつきあいなので、丸くおさめることができます。

 

 

 

【入居者の一人ひとりがちがう】

 

人間は機械ではありません。だから年をとっても個性が一人ひとりちがいます。その点、デイサービスや訪問介護などで本人とかかわっていれば、付き合いがあるのであわせることができます。トラブルも回避できるのです。

 

 

 

>>>市内に居住している人が有利


【ケアマネジャーが教えます!】特別養護老人ホーム入所の真実

待機者は全国で52万人!
あなたは、たとえ10年待っても特養に入れないかもしれません。

>>特別養護老人ホームの早期入所を実現する方法はコチラ

ホーム RSS購読 サイトマップ