特別養護老人ホームに早期入所する方法

市内に居住している人が有利

【入所担当が教えます!】特養への早期入所を実現する方法

誤解しないでください!
特養への入所は、申し込みをした順番ではありません。

>>特別養護老人ホームの早期入所を実現する方法はコチラ

市内に居住している人のほうが有利

 

【市内に居住している人は強い】

 

特養の入所検討委員会(入所判定委員会)で有利なのは「市内に住んでいること」です。

 

施設によっては市内と市外で、持ち点に差があります。

 

本来、厚生労働省が基準を定め、全国一律の介護サービスを提供する施設の特養。けれど、じっさいに入居者を選ぶ段階になると、介護保険の運営主体である市町村の意思がはいります。

 

ただでさえ、高齢者は増加する一方、特養の数は不足しています。市としても、自分のところの市民を優先させます。施設によってはホームページに「○○市民に限ります」と明記しているところもあります。

 

まずは、市内の特養に見学と申し込みをしましょう。

 

 

 

【例外はある。ユルイ自治体を狙え】

 

市内に住む市民が選ばれやすいといっても、例外があります。少しですが、市外からの入所を受け入れる自治体もあります。

 

家族の方がなかなか面会に行けないデメリットもありますが、終のすみかを得るためと考えれば、市外の特養も選択肢になりえます。

 

 

 

【待機者が多くてもあきらめない】

 

待機者が100人以上いても、あきらめないでください。

 

待機者が多いからといって、入居の可能性が低いとは限りません。じっさい、入所の連絡をすると、亡くなっていたり、他の病院に入院していたり、待ちきれず有料老人ホームに入居したなどの理由から断られることがあります。

 

また一人で何か所にも申し込みができるので、待機者数もふくらみます。待機者数にまどわされずに、入りたい施設に申し込みましょう。

 

そしてショートステイやデイサービス、訪問介護など、その特養が提供している介護サービスを徹底的に使いましょう。

 

 

 

【複数の申し込みをしよう】

 

「ここだけは絶対に入りたくない!」「ここは入れたくない!」そんな特養には申し込みをしないのが基本。それ以外の施設には、すべて申し込みをしておきましょう。

 

 

 

>>>特養の居宅介護サービスを利用する


【ケアマネジャーが教えます!】特別養護老人ホーム入所の真実

待機者は全国で52万人!
あなたは、たとえ10年待っても特養に入れないかもしれません。

>>特別養護老人ホームの早期入所を実現する方法はコチラ

ホーム RSS購読 サイトマップ