特別養護老人ホームに早期入所する方法

特養の居宅介護サービスを利用する

【入所担当が教えます!】特養への早期入所を実現する方法

誤解しないでください!
特養への入所は、申し込みをした順番ではありません。

>>いますぐ特養を探すのなら【探しっくす】

特養の居宅介護サービスを利用する【訪問介護、デイサービス、ショートステイ】

 

【特養の居宅介護サービスを利用しよう】

 

特別養護老人ホームは、特養以外にもショートステイ、デイサービス、訪問介護などの介護サービスを提供しています。

 

どうしても入りたい施設が地元にある。ならば、その施設の介護サービスをすべて使いましょう。

 

あなたたち家族は、特養にとってよいお客様となるのです。

 

 

 

【本人と家族のために居宅介護サービスを利用する】

 

要介護の高齢者は、一日中、自宅にひきこもりがち。気持ちはふさぎ、慣れない介護で頑張ってくれている家族に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

そんなとき、居宅介護サービスの訪問介護、デイサービス、ショートステイを利用することで、家族も介護疲れから解放されます。本人も気分転換になります。

 

なにより介護のプロなので、安心して任せられます。本人も、お風呂にはいれる、買物や外食を楽しめる、レクリエーションや健康体操で、単調だった生活に張りが生まれます。

 

 

 

【訪問介護】

 

ヘルパーさんが身体介護(食事・排せつ・入浴など)と、生活援助(掃除・洗濯・買物、調理など)など、家事全般を行ってくれます。

 

ただし、サービスの範囲は、本人の身体介護、生活援助に限定されます。

 

 

 

【デイサービス】(通所介護)

 

通所介護の施設(デイサービスセンターなど)に行き、集団生活をすることで刺激をうけ、認知症の進行を抑える効果も期待できます。

 

本人は、レクリエーションや食事、入浴が楽しめ、体調のチェックもしてもらえます。

 

その時間は、家族も安心して預けることができるうえ、買物や休息などに使えます。家族は、介護うつや介護離職をする前に上手に手抜きして、息抜きをしましょう。

 

そのために訪問介護、デイサービス、ショートステイの利用が欠かせません。

 

ほかにも短時間のリハビリが中心のデイケア、認知症の人には認知症対応型デイサービスもあります。

 

デイサービスで行われるプログラムは

 

・健康体操
・脳トレ
・マッサージ
・パソコン
・デジカメ(カメラ撮影)
・陶芸
・和太鼓
・織物
・紙すき
・木工細工

 

など様々。なにもしない、ぼうっとするというメニューもあります。

 

 

 

【ショートステイ】(短期入所生活介護)

 

特養で泊ります。昼間はデイサービス同様のプログラムに参加し、入浴、看護師による体調チェックをします。

 

家族が旅行に行きたい、出張で帰れない、冠婚葬祭のときにありがたいサービスです。なお、施設によっては早めの予約が必要になります。ショートステイを利用するときは注意が必要です。

 

ショートステイをすることで、その特養がどんなところかが実際に体験できるメリットもあります。

 

なにより、入所を考えている方には効果があります。

 

あなたと家族がショートステイに慣れていれば、入所検討委員会でもプラスに働きます。

 

>>>入所申込書でポイントを加算させる


【ケアマネジャーが教えます!】特別養護老人ホーム入所の真実

待機者は全国で52万人!
あなたは、たとえ10年待っても特養に入れないかもしれません。

>>特別養護老人ホームの早期入所を実現する方法はコチラ

ホーム RSS購読 サイトマップ